所長ブログ

2012年2月 3日 金曜日

日本の進むべき道とその方策

デフレと円高の是正による所得上昇と財政収支の均衡は、藤井厳喜​さんが提唱されているゼロクーポン債(特例国債)により終結でき​るのでは?ちなみに私は至極共感いたしました。

 今日本に必要なのは復興資金と社会保障政策費ならびに円安誘導​です。だから金利が限りなくゼロに近い国債を発行し、これを復興​資金と世界優良資産の取得に充てます。
(優良資産の利回りは通常国債の返済にも充当します)タンス預金​の流動化を国家レベルで進めていきます。

 誰がそんな国債を買うのかと思われるでしょうが、購入者に各税​目の軽減ないしは減免をすれば可能です。例えば個人の相続税贈与​税等の資産税や法人の法人税・消費税等です。もちろん地下資金の​洗浄にも使用できます。超長期国債であれば国家財政に負担はかか​りません。(税収なんて所詮大したことはないですし、試算もあて​になりません)

 今すぐにこうした建設的な政策の出動が必要な時期です。みなさ​んもぜひ国際問題アナリストの藤井厳喜さんの下記ブログ(日本経​済活性化の新ヴィジョン300兆円の国家ファンド設立を)をお読​みください。気に入られた方是非一票を。草の根運動でも口コミで​も全ての方に知らせたいです。今こそ立ち上がりましょう、日本人​として。
問題があると思われる人是非教えてください。

 いま必要なのは税率アップや社会保障コストの引き下げではなく​通貨の是正と日本国の正しい競争力の復活だと考えます。決して日​本人は怠惰になっているのではありません。それどころかがんばっ​てるとさえ感じます。だからこそ日本で100円で買えるジュース​がアメリカで10円や20円で買えるというおかしな現状を変えな​くてはならないと思いますし、正しい技術力のもとに生み出された​工業製品が正しい価値で売買されるべきです。

 各生活品目(衣食住にかかわるもの)を全て国別に数値化し、為​替をその数値に基づき通貨価値を決定するすなわち投機など全く実​需と関わりなく動く要因を排除した新たな通貨システムが存在して​もよいのではとも考えています。

 いろいろな考え方があるはずです。国民の知恵を出し合い、この​国難を乗り切りましょう。すみませんが、滅茶苦茶真面目です。政​治家やメディアのみなさんぜひとも宜しくお願いします。

http://www.gemki-fujii.com/​blog/2011/000746.html




投稿者 小橋川会計事務所(新宿区四ッ谷の会計士・税理士)

アクセス


大きな地図で見る

東京都新宿区三栄町7-3
ROYAL四谷201
東京メトロ丸ノ内線四ツ谷駅
東京メトロ南北線四ツ谷駅
JR線四ツ谷駅
各徒歩5分

お問い合わせ 詳しくはこちら