2012年3月 2日 金曜日

この世は経済事件ばかりなり

オリンパス・大王製紙事件に片が付いたかと思えば、今度は年金運用詐欺です。
AIJ投資顧問、私もニュースで聞く前には知らなかった投資運用会社です。

会計の世界からものを眺めてみますと、実は年金や退職金はその必要額さえ拠出金として積み立てられれば将来的なこれらの債務に十分備えられていると私どもも認識していました。

しかしながらここにきて、法制度の不備でこうした運用事業者は何をやってもお咎めなしあるいは監査が未実施であるといった驚愕の事実も判明しました。まさか虚偽の報告書や架空の実績による営業が行われていたとはつゆ知らず。。。

これから金融庁の検査が260社を超えるとされる投資運用会社に入りますが、一体どれほどの会社でAIJのような実態があるのか戦々恐々ですし、こうした運用会社に任せられている事業会社の皆様にあられましては十分ご留意いただかれるよう宜しくお願いします。

万が一被害に遭われたにしてもどこも救済はしないため、会社側負担で多額の特別損失を計上しなくてはならないでしょう。
まあ一般論で考えてみてもリーマンショック以降の投資市況で目立った実績が残せる(フェイスブックやグーグルなんてそれこそ奇跡の投資先ですから)など、あるはずもありませんがAIJが氷山の一角でないことを切に祈っております。

お金は他人に預けて終わりではないことを肝に銘じましょう。

投稿者 小橋川会計事務所

アクセス


大きな地図で見る

東京都新宿区三栄町7-3
ROYAL四谷201
東京メトロ丸ノ内線四ツ谷駅
東京メトロ南北線四ツ谷駅
JR線四ツ谷駅
各徒歩5分

お問い合わせ 詳しくはこちら